記憶力が低下してきた方は、目の疲れもケアしてみましょう。
もの忘れは、記憶と深い関係にある目が原因かもしれません。
目の機能と脳の働きは、同時ケアが効果的です!

【おすすめ記事】目の疲れと記憶力の低下は連動しています!

記憶の80%は目からの伝達なんです!

「人の名前が思い出せない」「仕事の予定をすっかり忘れていた」など、記憶力が低下したり、もの忘れが激しくなったりしたと感じたことはないでしょうか。このようなもの忘れは目の疲れが原因かもしれません。

実は記憶力と視力には密接な関係があります。脳が処理する情報の80%は目から入ってくる情報によるものです。ものを見ることは目と脳の連携作業で、脳は目から入ってくる大量の情報を処理しています。例えば、初めて会う人の顔や名前を覚える時、相手の顔の特徴を目で見て、その情報を脳に送ります。脳に送られた情報は記憶として保存され、次に思い出す時には脳から情報を引き出すことになります。

つまり目が疲れていると、目から入ってくる情報量も少なくなり、脳が処理する力や集中力も衰えてしまいます。逆に言えば目の働きを回復させることにより記憶力が総合的に鍛えられ、理解力や集中力までも高めることができるので脳年齢も若返るのです。

目と記憶を同時にケアできるサプリ「アイノウ」ってどうなの?

目の疲れを解消することは普段の生活で意識をしていても容易ではありません。「アイノウ」は目の悩みと記憶による悩みを同時にケアすることができるサプリメントです。

目の疲れはピント調節機能が衰えているからです。アイノウには目のピント調節機能に役立つアントシアニンという成分が含まれています。また、記憶の維持にはイチョウの葉が有効であることは知られるようになりましたが、イチョウの葉に含まれるフラボノイド配糖体とテルペンラクトンが記憶力対策に役立つことがわかってきました。アイノウはこれらの成分も配合しているため、目のピント調節機能だけでなく記憶の維持も同時にケアすることができるのです。

密接に関連している目と記憶をサプリメントで同時にケアできることは珍しく、効果の期待できる健康食品です。サプリメントであれば普段の生活の中で習慣として飲むだけでよいため、特別なことをする必要もなく、手軽に目と記憶をケアできますね。