記憶力対策サプリの選び方には3大ポイントがあります。
有効成分の量、他の機能のケア、品質の3つです。
3大ポイントを押さえて最適なサプリを見つけて下さい。

記憶力対策サプリを選ぶ3大ポイント

1.記憶力対策成分がたくさん入っていること!

記憶力対策サプリを選ぶのですから、当然のことですが記憶力対策成分が多く含まれていることは最も重要なポイントになります。記憶力対策成分の代表はフラボノイドやテルペンラクトンです。他にもDHA・EPAやαリノレン酸、トリプトファン、セロトニン、テオブロミンも記憶力対策成分として知られています。

ただ、DHA・EPAは酸化しやすい性質もあるため、体内に吸収するためには抗酸化作用のある成分を含む食品と同時に摂取する必要もあります。そのような点を踏まえると成分の中にすでに抗酸化作用のあるフラボノイドが多く含まれているサプリメントの方が効果的に体内に吸収できるというメリットがあると言えます。

つまり、記憶力対策成分が多く入っていることはもちろん、その成分の吸収性も考慮に入れ、フラボノイドやテルペンラクトンが多く含まれているサプリメントを選ぶことが重要なポイントとなります。

2.他の機能もケアできるサプリであること

記憶力は脳をいかに活性化するかが重要です。とは言え、脳の働きだけに注目するのではなく、脳と関係の深い他の機能も同時にケアできることが、相乗効果によってより記憶の維持、改善効果を高めることになります。物事を記憶する手段は聴覚情報や触覚による情報もありますが、最も関係性が深いのは視覚情報です。

つまり、目の機能も同時にケアできるサプリであれば、より記憶力対策として効果が高くなるということです。記憶の80%は目から入ってくる視覚情報であるため、目の疲れを癒やす効果やピント調節機能を改善する効果のある成分が同時に含まれているサプリメントを選ぶとよいでしょう。

ただし、目薬を差しても記憶力が回復しないように、視力を回復するだけのサプリメントでは記憶力の改善には直接結びつきません。やはり記憶力対策成分も豊富に含まれていることは言うまでもありません。目の調子と記憶力の2つを同時にケアするサプリメントが最も効果的と言えます。

3.効果で選ぶなら値段よりも安全性や品質を重視

サプリメントを効果で選ぶのであれば、値段が安いことに越したことはありませんが、そのサプリメントの品質がよくなければ逆に健康に悪影響が出ることもあります。安全性や品質は消費者の視点でも確認することができるので、しっかり確認を行うことが重要です。

品質を確かめるには、まずそのサプリメントに表示されている原材料などを確認することです。見るべきポイントは原材料が全て表示されているかどうか、農薬や不要な添加物が使われていないかという点です。製造過程についても重要で、品質管理の方法はどのように行われているかという点も確認しておきましょう。

また、値段が相場よりも安すぎるサプリメントは、品質管理に手間をかけていないということでもあります。体内に入れるものなので、品質を重視して選んだ方が良いでしょう。第三者機関が認定する安全性基準や、成分の機能性に対する研究結果などの表示も確かめておくとよいでしょう。