外部から入ってくる情報が多すぎることによって起こる脳過労は、食欲以上や記憶力の低下などの様々な症状を引き起こします。対策としては睡眠など生活習慣の改善や、サプリによるサポートなどで脳を休めることが重要です。

「どうして脳が疲れると記憶力が低下するのか?」

「なんだか最近、体がだるいな」「集中力が続かない気がする」「良い考えが思いつかない」などと感じていませんか?その原因は、脳が疲れている状態の「脳過労」かもしれません。脳過労になると、ちょっとしたミスをくり返すようになり、悪化すると、大きな病気に進行してしまうこともあります。「自分には関係ないから大丈夫」と思うかもしれませんが、現代人なら誰でもかかる可能性のある症状なので、その原因や症状、対策などをしっかりと確認しておいてください。

“脳が疲れる”とは、そもそもどういう状態のことでしょう?脳には、言語や理論、芸術など、外側から得た情報を処理する「大脳新皮質」と、食欲や睡眠欲、喜怒哀楽といった、本能的な欲求など内側から得る情報を処理する「大脳旧皮質」があり、正常な状態ならそれぞれがしっかりとバランスを維持しています。ところが、外側から入ってくる情報が多すぎると、大脳新皮質が多くの情報を処理しようとフル稼働するので、大脳新皮質と大脳旧皮質のバランスが崩れ、外側の情報(理性)が内側の情報(本能)を抑圧して、本能的な欲求が正常に働かなくなってしまいます。これが、“脳が疲れる”という状態なのです。

脳過労の症状や原因は?

脳過労の症状や原因は?

脳過労になると、次のような症状が現れます。

・食欲異常
食欲が抑えられなくなり、食べても食べても満足できず過食になったり、それまであまり食べなかった甘いものや脂っこいものを食べたくなったり、食べ物のおいしさがわからなくなったりして、肥満をまねいたり、生活習慣病につながったりします。
・自律神経の異常
自律神経は、心拍や血圧など私たちの生命活動に重要な機能をコントロールしていますが、異常が起こると、「眠りたいのに眠れない」「体がだるい」「意欲がわかない」など、思い通りに身体が動かなくなります。
・内分泌の異常
女性の場合、内分泌に異常が起こると、ホルモンバランスも乱れるので月経不順になります。さらに、悪化すると、無排卵症や無月経症を引き起こしてしまいます。
・精神障害
キレやすくなったり、引きこもったりするなど、ストレスに対して過剰に反応するようになります。また、笑ったり泣いたりなど感情を表に出すことができなくなったり、うつ病に陥ったりすることもあります。
・認知能力の低下
判断力、記憶力、集中力、注意力、思考力などの認知能力が低下すると、ちょっとしたミスが多くなり、そんな自分を「ダメな人間だ」と過度にマイナス思考になります。

これらの脳過労の症状が現れても、「きっと体が疲れているんだな」と普通の疲労だと思って、特に対処せずにそのままにしてしまうことがあります。そのため、気づかないうちに脳過労の症状を悪化させてしまうことも多いのです。

脳過労と普通の疲労の違いは、見た目では判断しにくいですが、脳過労の場合、体の疲れだけでなく、感情が不安定になるなど“心の疲労”も伴うことです。また、ひどい脳過労の場合は、味覚の異常や変化、満腹中枢の異常などもみられます。最近、ずっと疲れが取れないと感じており、味の好みも変わった気がする、という人は脳過労かもしれません。

脳過労になる原因は、脳に入ってくる情報が多すぎることと、過度なストレスと考えられています。昔に比べて、今では、スマホやPCが普及し、インターネットからさまざまな情報を簡単に得られるようになり、各段に情報量が増えました。自分が知りたい情報だけなら、脳に負担がかかり疲れてしまうこともありませんが、自分には必要のない情報や、勝手に目や耳から入ってくる情報などあり、脳はそれらの必要のない情報も処理しようと働くので、脳過労につながるのです。

また、スマホを持っていると、少しでも時間があれば、ゲームをしたり動画を見たり、検索をしたりする人も多いと思います。自分では、暇つぶしや楽しみでスマホをいじっているだけでも、脳はそこから得た情報を必死に処理しようとしています。そのため、脳は休む時間もなく、常に働いている状態なのです。

さらに、情報が多く入ってくる現代社会は、仕事でも家庭でも心配事や悩み、将来の不安なども多くなり、ストレスを抱えている人がたくさんいると思います。そして、ストレスを抱えたまま、誰にも知られないように、忙しい毎日を真面目に過ごしている人も多いでしょう。そのような生活を続けていては、脳は情報やストレスでいっぱいになり、さまざまな症状が引き起こされるようになるのです。

脳過労の予防や改善に効果的な方法

脳過労の予防や改善に効果的な方法

情報過多や過剰なストレスによる脳過労を改善するには、働きすぎている脳を休めて必要な栄養を補給し、ストレスを解消することが大切です。

そして、脳過労を改善する最も良い方法は、“質の良い睡眠”をとることです。入眠してから3時間の間に深い眠りに入ることができれば、脳の疲労が70%回復すると言われています。質の良い睡眠をとるには、身体の深部温度を下げることが大切なので、就寝の1時間前までに入浴すると良いです。お湯の温度は38度~40度に設定し、5~10分くらい浸かるようにしましょう。

入浴が終わったら、ベッドや布団に入るまでの時間は、できるだけ部屋の照明を明るすぎないようにしましょう。寝る前に明るい光を浴びると、「メラトニン」という質の良い睡眠に重要なホルモンの分泌が抑えられるので、なかなか眠れなくなってしまいます。そして、ベッドに入ったら、光や音が少しでも入ってくると、質の良い睡眠がとれなくなるので、アイマスクや耳栓などのグッズで外部から入ってくる光や音をシャットアウトしましょう。

また、仕事などでPCを長時間使用する必要がある場合でも、職場での過ごし方をちょっと工夫すれば、脳を疲れさせないようにできます。仕事に支障がないように、できれば次のことを心がけてください。

  • ・PCは一点を見つめて作業することが多く脳に負担を与えているので、PCの作業を1時間行ったら、一度PCから離れて別の作業をするようにしましょう。
  • ・お昼休憩には、自然の風や太陽の光、鳥の鳴き声などが感じられる場所で過ごして、心も体もリラックスさせましょう。
  • ・休憩中などに飲む飲み物は、脳血流を促す効果のあるイチョウのハーブティーや緑茶、白湯がおすすめです。栄養ドリンクやコーヒーでやる気を出す、という人もいると思いますが、これらの飲み物は脳を一時的に覚醒させるだけなので、脳過労の改善にはなりません。

脳過労になる前にサプリで対策を

脳過労になる前にサプリで対策を

脳過労の改善には、甘いものを食べると良いとも言われます。甘い食べ物に含まれる砂糖は、体の中に入ると、すぐに脳のエネルギー源となる“ブドウ糖”に代わるので、脳の疲れをとったり脳の働きを促したりしてくれるのです。ただし、甘いものは血糖値が上がるので、食べ過ぎると、体がだるくなったり、眠気に襲われたり、イライラしたりなど、逆効果な症状が起こることもわかっています。

そのため、脳の疲れを感じた時に甘いものを食べる際は、時間をかけて少しずつ食べて糖分をゆっくり吸収することを意識しましょう。そうすれば、血糖値が急に上がるのを防ぐことができます。

しかし、甘いものを食べると幸福感も得られるので、どうしても食べ過ぎてしまう人もいるでしょう。そのため、「疲れた時は甘いもの」という方法はあまりおすすめできません。そこで、体の中から脳過労を予防するには、サプリメントを利用すると効果的にサポートしてくれます。特に、脳過労に有効なのは「アイノウ」という機能性サプリメントです。

アイノウは、目の疲労と記憶力の低下を回復する効果があるサプリメントです。脳過労は、スマホやPCなどのデジタル機器を使いすぎることが原因なので、脳が疲れるのと同時に、目にも不調が現れます。アイノウには、目のピント調整機能に効果的なアントシアニンが豊富に含まれており、継続して飲むことで、スマホやPCによるピント調整機能の低下を緩和することができると言われています。

さらに、アイノウは記憶力をアップするイチョウ葉エキスが配合されているので、仕事でPCを使う時間が長く、脳を酷使することの多い人には最適なサプリメントです。アイノウを実際に継続して飲んで記憶力のテストをした結果、記憶力に優れた効果がみられたこともわかっているのです。

脳過労を防いで快適な毎日を過ごすために

今では、ほとんどの人がスマホを持っており、ちょっとでも空いた時間があれば、スマホを触っている人も多いと思います。もちろん、それが悪いことではありませんが、目や脳にとってはかなりの負担がかかっており、脳過労になってしまう可能性があります。そのため、スマホを使う時間を減らし、普段から脳を休めてあげる対策をとることが大切です。

しかし、1日中、仕事でPCで作業をする必要のある人や、疲労回復のために生活習慣を見直そうと思っても、なかなか時間がない人もいるでしょう。それに、目の不調や記憶力の低下を改善する成分は、普段の食生活から摂取するのはなかなか難しいものです。そのため、脳過労の予防や改善を効果的にサポートしてくれるサプリメントを取り入れることをおすすめします。

体の健康を気をつけている人は多いですが、脳の健康を意識している人は少ないと思います。ここで紹介した対策を実践すれば、本当の健康を手に入れて、毎日気持ち良く過ごすことができるでしょう。