昨今、スマホやパソコンへの依存により、記憶力の低下を招くデジタル認知症になっている方が増えています。若者世代に多く、放っておくと若年性認知症となってしまう恐れもあるため注意が必要です。

「デジタル認知症とは?」

「デジタル認知症」とは、スマホやパソコンなどのデジタル機器に依存することによって発症する症状です。一般的な認知症とは全く別物ですが、記憶力の低下や精神障害など、認知症と同じような症状が現れることからそう呼ばれるようになりました。しかし、デジタル認知症は、「若年性認知症」に進行してしまう可能性もあるので、決して放っておいてはいけない恐ろしい症状なのです。

スマホなどのデジタル機器を必要以上に使うと、脳の発達に影響を与え、さまざまな症状が現れるようになることがわかっているのですが、デジタル認知症が危険なのは、症状が現れていても、本人の自覚がなく、周りの人からも気づかれにくいことです。認知症の場合は、周囲の人が気づくことが多いですが、デジタル認知症の場合は、その存在を知らない人がほとんどなので、気づかれないままどんどん悪化させてしまう可能性が高いのです。

スマホなどに依存した生活が原因

スマホなどに依存した生活が原因

インターネットがまだ普及していない頃は、わからないことや知りたいことがあれば、誰か身近な人に聞いたり、図書館に行って自分で調べたりして、わかるまでなんとかして答えを導きだそうとするのが当たり前でした。そして、入手した情報などは、忘れないようにメモ帳やノートなどに書き写して確認できるようにしていたと思います。

その時代から考えれば、今では非常に便利になりました。わからないことがあっても、スマホやパソコンがあれば、インターネットを利用してその場ですぐに調べることができるのです。しかし、そのように苦労なく簡単に情報を入手できるのが普通になり、スマホに依存してしまうと、記憶、計算、集中、注意といった能力を必要としなくなってしまいます。

そして、それらの能力がどんどん低下してしまい、電話番号などが記憶できなくなったり、道に迷ったり、よく知っている人の名前を忘れたり、脳の衰えによる症状が現れてきます。さらに、「なんでこんなことができないんだ」と自分のミスを情けなく感じて、ストレスがたまるなど精神状態も悪化させてしまうのです。

デジタルに頼りきっていたり、スマホ依存症だったりする18歳~39歳の若者を調査した結果、記憶力の低下や記憶障害がみられた人は、1割以上もいることがわかったそうです。この調査の結果によると、10人に1人の若者が、自分では気づいていないうちに記憶障害になっているかもしれないと言えるのです。特に、子どもの頃からスマホを使っていると、脳が正常に発達しなくなり、感情の発達にも悪影響を及ぼすなど、脳に大きなダメージを与えてしまう危険性があるのです。

もし、少し前にインターネットで調べたことをすぐに忘れてしまい、同じことを何度も調べることがあるなど、物忘れがひどくなったと感じるなら、デジタル認知症を発症しているかもしれません。

若年性認知症に進行してしまうことも

若年性認知症に進行してしまうことも

先に述べたように、デジタル認知症にかかると、若年性認知症に進行する可能性がありますが、その割合は14%にも上ると言われています。スマホなどデジタル機器に頼ってばかりいると、右脳を使わなくなり衰えていき、記憶を形成する海馬が萎縮して、脳全体が衰退してしまいます。その状態が続くと、若年性認知症に進行してしまう危険性があるのです。

今日の日付がわからなくなったり、これまでずっとやってきた簡単な作業ができなくなったり、知っている場所までの道のりがわからなくなったり、話していて言葉をよく間違えたり会話が続かなかったりしたら、若年性認知症の可能性があります。デジタル認知症、そして、若年性認知症にならないようにするためには、次のことを心がけましょう。

・家の中ではスマホを持って移動するのをやめる

トイレに行ったりベッドに入ったりする時に、必ず、スマホを持っていっていませんか?最近では、防水機能の付いたスマホや、防水グッズを利用してお風呂にまでスマホを持ち込んでいるいる人もいるようです。スマホを長時間使用していると、熟睡できなくなるだけでなく、着信音やバイブレーションが鳴ってもいないのに空耳が聞こえるようになるなど、スマホを触りたいという禁断症状が現れるようになります。

家の中では、必要以上に使用しないように、スマホ置き場を用意して常にそこに置くようにしましょう。また、テレビ番組や映画などを鑑賞したり、読書をしたり、何かを作ったりするなど、集中できる趣味を見つけると、スマホを忘れて没頭することができますよ。

・手書きでメモや手帳を書く

スマホのアプリには、簡単に予定やメモを書き込んで、忘れないように管理してくれる優れた機能がたくさんあり、大変便利で手間も省けるとして、多くの人が利用していると思います。しかし、スマホに任せてばかりでは、自分の脳を使う必要がなくなってしまい、どんどん衰退してしまいます。脳の衰退を防ぐためには、自分が覚えておきたいことは、なるべく手書きでメモ帳や手帳に書いて残すようにしましょう。

効果的にデジタル認知症を改善できるサプリメント

効果的にデジタル認知症を改善できるサプリメント

デジタル認知症にならないようにスマホに依存しない対策を心がけることは大切ですが、より効果的に予防するにはサプリメントを利用することがおすすめです。

脳が得る情報は、ほとんどが目から入ってきた情報で、それをもとに行動を決めていると言われています。そのため、長時間、目を酷使する作業を行っていると、目が疲れて調子が悪くなり、記憶力や判断力が低下してしまうことがあるのです。

機能性サプリメント「アイノウ」は、目のピントを調整する作用のあるビルベリー成分と、記憶の維持をサポートするイチョウ葉成分が配合されているので、目の不調と記憶力の衰えを抑制し、効果的にサポートします。

今の時代、私たちの周りには、パソコンやスマホ、タブレットなどのデジタル機器であふれています。スマホがないと生活できなくなっている人や、仕事でどうしてもパソコンを長時間使用しないといけない人などは、自分では気づいていないかもしれませんが、ディスプレイから発光しているブルーライトによって目を酷使しています。さらに、ブルーライトは、目の周りのを流れる血液の循環を悪くし、ピント機能などを低下させてしまうこともあるのです。アイノウは、目の調子を整える有効成分が配合されており、その優れた効果も研究結果で報告されているので、着実に目の機能を回復してくれるでしょう。

さらに、デジタル機器によって目を酷使し疲労がたまると、それだけ脳へ情報が伝達しなくなるので、脳が衰えてしまいます。「日常生活や仕事でミスが増えた気がする…」という人は、記憶力が低下している可能性があります。アイノウは、記憶を維持する効果のある有効成分が配合されているので、継続して飲むことで記憶に関する悩みも徐々に改善されるでしょう。また、アイノウはその優れた効果だけでなく、安全性も徹底的にこだわって作られたサプリメントなので、安心して利用することができます。

デジタル認知症を予防するには

若い人にも認知症のような症状が現れてしまう「デジタル認知症」は、スマホやパソコンがあれば必要な情報がすぐに手に入る便利な時代だからこそ生まれた症状です。ただ、スマホやパソコンを使ってはいけない、というわけではなく、必要以上に使わないようにすることが大切なのです。「インターネットで調べればいいんだ」「スマホにメモっておこう」というデジタル機器に頼りすぎる考え方をやめて、自分の力で調べて、自分の頭を使ってよく考えて、手書きでメモをするように心がけましょう。

どうしても仕事でパソコンなどを使わないといけない、という人も多いと思うので、そのような人は、デジタル認知症を予防するためにアイノウを利用することをおすすめします。アイノウは、目の不調や視力を改善して、脳を活性化させる効果があるので、デジタル認知症の予防には最適なサプリメントだと言えます。

デジタル機器があふれる時代は、これからもずっと続くと思うので、それらが私たちの身体に及ぼす影響をしっかりと把握して、賢く付き合っていく必要があるのです。